忍者ブログ

年金相場師の独り言 sobablogs

正心調息法を拠所にする年金相場師の日常

粗食は病気しない

 

米国では武漢肺炎の犠牲者は最悪で270万人に達する恐れがある、と専門家が試算したらしい。あまりに多すぎるというので死者10~20万人ということにしたようである。

 

大東亜戦争での日本軍との死闘で米軍の戦死者は11万人だったようだから、10万人というのがいかにすさまじいものかがわかる。

 

教会でお祈りをして感染拡大というのは、まさに神も仏もない世界に突入したということだろう。

 

情報を遮断しないと精神状態がおかしくなる。

テレビやネットは見ないにかぎるね(笑)

 

さて、塩谷信男先生の正心調息法は一日25回行なうことになっている。

こんな時だから、家に篭って1日100回実行することにした。

 

すると、健康と精神状態が良くなるようである。

85歳のお袋も正心調息法をやっているが、調子がいいようだ。

耳が遠くなって困っていたが、やや改善しているようで心強い。

 

正心調息法を弛まず続ければ百歳の天寿を全うできる!

というから、お袋も百歳までは元気で生きていて欲しいと思っている。

 

今日はお袋が作ってくれたポテトサラダで晩酌。赤ワインと日本酒が美味しかった。

あと玄米と納豆。この組み合わせは塩谷信男先生のお勧めでもある。

 

納豆に山芋の千切りを混ぜると美味しいんだ。

 

粗食は病気しないというから前からやってたけどね(笑)

 

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

忍者カウンター

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
相場戦略研究所
性別:
非公開

P R