忍者ブログ

年金相場師の独り言 sobablogs

正心調息法を拠所にする年金相場師の日常

新人デリ嬢欠勤で中源線研究

 

今日は新人のデリ嬢を11時30分に予約していた。

昨日の夕方、前日予約である。

この娘は11月中旬に入店して、今週が2回目の出勤であるが、新人のデリ嬢の多くは10回以下の出勤で辞めてしまう。

デリは金にはなるけど、若い女の娘が1日6~8時間も知らない中年男とベットインを繰り返すのは大変な仕事だ。。

 

この娘はEカップの気になる娘だったので

「ひょっとしたらラスト・チャンスかも」と思って予約した。

 

昨日は夜中の2時に目が覚めてしまって寝付けず、暇つぶしにネットでデリの出勤表をみたら、予約した女の子の出勤予定が消えていた。

「あっ、こりゃーダメだ。この娘も辞めちゃうのかな。あーあっ」

と思ったら、気が楽になって、ぐっすり熟睡(笑)

初対面のデリ嬢と会う時は無意識に緊張しているみたいだ。

 

5時半に起床して、階段ダッシュに出かけた。

一旦、脚力・筋力がつけば毎日、走らなくても、脚力・筋力は落ちないようである。

 

念のため9時半にデリに確認の電話をすると、やはり出勤取り消しになったという。

馴染の娘が出勤予定だったので、代わりに予約しようと思ったが、その娘も欠勤。

ついてねぇや(笑)

 

しかたがないので、今日は中源線の おさらい をした。

林輝太郎先生が情熱を傾けた中源線だが、2000年あたりの林投資研究所の研究部会報を読み返してみると、中源線の売買は あまり儲かっていない。

当時、パンローリングの後藤さんが研究部会報に「中源線研究」という連載をしていて

途中から、柳谷雅之さんが引き継いだ。柳谷雅之さんは真面目な方で、今読んでもためになる。

 

柳谷雅之さんの言う、中源線のロジックは、①普通転換 ②再転換 ③42分転換の3種類で、 

「42分転換は商品相場の鉄則、5%逆行と同様の物である」 とのことである。(研究部会報2000年5月p111)

「相場の基本は共通である」 ということかな。

結局、相場には決め手はなく、自分なりの売買で凌いで行くしかない。

 

昼飯にお袋とワインを飲んで酔っ払い、昼寝をした後メールを見たら、元モデルの彼女から

「明日、会って!」 というメールが入っていた。

「うん、明日食事に行こう!」 と返事をしておいた。

明日はスシローで「倍トロ、あわび100円フェアー」に行くことになるのかなー(笑)

 

 

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

忍者カウンター

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
相場戦略研究所
性別:
非公開

P R