忍者ブログ

sobablogs

計算されたリスク。これこそ相場の危険に身をさらして生きるうえでの、もっとも贅沢な生き方であり、相場師が他の人達より遥かに富裕な生活を許されている理由でもある(商品相場の技術p514)こうして、相場で儲けた金で女の子と遊んでいる相場師の日記

女運

今から10数年前、ジャズ評論家の岩波洋三先生と吉祥寺で度々酒を飲む機会があった。

 

その時、岩波洋三さんは

「君ぃー、女運っていうのは大きな波があって、ツキがない時には、いくら気張ってもだめなもんだよ。 だから、女運のツキが回ってきた時を逃さず、勝負するのがいいんだよ」 と仰っていた。

 

「うーん、そんなもんですかねー」 と相槌を打っていたが、それは本当だった。

 

自分に女運が巡ってきたのが60過ぎと遅かったが

一旦、女運か゜ツキだすと、これでもか!っていうくらい 女がなだれ混んでくる。

 

岩波洋三先生はスィング゜ジャーナルの編集長だったが女が原因で退社した。

その後、ジャズ評論家の大家としてジャズLPのライナーノーツの大半を書いていたのだが、それらライナーノーツの大半はトルコ(現ソーブランド)の待合室で書いていたという強者であった。

原稿料の大半ははトルコに消えたと言っていた。。

奥様と離婚した後、美人ジャズボーカリストと同棲し、人生を楽しんでいた。

 

「女ってのはねぇー。匂いを楽しむのが良いんあって、女と寝る前にシャワーを浴びるなんて言語道断なんだよ」

所謂、通の世界だね(笑)

 

当時、俺と岩波洋三先生とは同じ女を狙っていた恋敵でもあったのだ(笑)

俺のほうが20若かったから、少しは有利だったかな。

でも、共倒れだったみたいだ(笑)

 
新ブログ URL http://sobasenryaku.syoyu.net/
相場戦略研究所 URL http://wedscafe.jounin.jp/
相場戦略研究所リンク集 http://wedscafe.jounin.jp/SOBALINK.html

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

忍者カウンター

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
相場戦略研究所
性別:
非公開

P R