忍者ブログ

sobablogs

計算されたリスク。これこそ相場の危険に身をさらして生きるうえでの、もっとも贅沢な生き方であり、相場師が他の人達より遥かに富裕な生活を許されている理由でもある(商品相場の技術p514)こうして、相場で儲けた金で女の子と遊んでいる相場師の日記

愛車スイフトのタイヤを交換

 

今日は愛車スイフトのタイヤを馴染の車屋で交換してもらった。

 

朝4時半に目が覚めてNYダウをみると上がっていた。

225も少し上がるかな?

 

ついでにメールを見ると、元モデルの彼女から、

「今日も食事に行きたい!」 とメールが入っていた。

今日は18歳の彼女2号とデートする予定だったので断った。

 

愛車はガス欠だったので早朝5時半にスタンドに行って給油。

給油後の6時半に、事務所の玄関に積んでおいたタイヤを車に積み込んだ。暑い。

 

日課の階段ダッシュをした後入浴、

朝の寄付で注文を出した後、

9時半に馴染の車屋に愛車とタイヤを持ち込む。

 

18歳の彼女2号とのデートは昼頃を想定していたので、車を早く持って行けば

「昼に間に合うかも」、と思ったのである。

 

しかし、昼を過ぎても車屋から連絡は無し。

お袋がスーパーで良いカツオを買ってきたので、作りにして11時半からお袋と昼飯。

ワインも飲んで酔っぱらった。

 

車はないし、酔っぱらって腹はいっぱいだし、後場寄付で相場が上がって、指値注文を出していたこともあって、外出が面倒くさくなって、彼女2号に電話しなかった。

向うからも連絡なかったから。

 

ところが13時過ぎに

「電話、待ってたのに!」 と詰るメールが入っていた。

慌てて電話するが出ない。4、5回かけたかな。

機嫌を損ねたのかもしれない。まっ、いいか(笑)

 

14時半に

「タイヤ交換、終わりました」 と車屋の社長から電話があった。

15時に場帖グラフをつけた後、おっとり刀で車を取りに行く。

 

「ハンドル、ずいぶん軽くなったよ」 と車屋の社長が言う。

交換工賃は10800円だった。バルブ代、廃棄料込みだから安いな。

入れ替えバランス2千円は40年前と同じ値段である(笑)

 

タイヤはアマゾンで5,792円 配送無料、しめて33,968円で交換できた。

 

さっそく、テスト走行。

ハンドリングはかなり良くなった。ロータス・ヨーロッパ的に機敏に応答する。

乗り心地もやわらかくなって気分が良い。

 

転がり抵抗が小さい低燃費タイヤで、幅も1cm細くなったので、アクセルを離しても車がスーッと滑って行く感じである。

タイヤノイズも小さくなった。

燃費も良くなると好いな。(25%向上したという眉つば口コミもあった)

 

形状はスリックタイヤに深い溝を切った感じの大山2つ。水はけは良さそう。

 

エッジには補強がないから、ドリフトアングルなしのタイトコーナーは苦手である。

ノーブレーキでコーナーに入ってみたらハデに鳴いていた。

 

新 ブリヂストン低燃費タイヤNEXTRY 175/65R15 重量 6.6キロ(実測値)

旧 ブリヂストン ポテンザRE080 15/6R15 重量 6 .9キロ(実測値)

 

一本あたり300グラムの軽量化ができた。

標準のポテンザは思いの外、軽いタイヤだったんだと感心。やっぱ、タイヤはブリヂストンだわ。13年間-18000キロで交換とあいなった。

 

大体、タイヤは走行距離5000km1mm摩耗するという。

 新品タイヤの溝は約8mm。スリップサインが出る1.6mmまで32000km走行可能だが、NEXTRYは減りが早いらしいので15000km-3年が限度かな。

3年後は生きてるか分らんから、ひょっとしたら、一生物になるかもしれん(笑)

 

ブログ   URL http://sobasenryaku.syoyu.net/
相場戦略研究所 URL http://wedscafe.jounin.jp/
相場戦略研究所リンク集 http://wedscafe.jounin.jp/SOBALINK.html

 

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

忍者カウンター

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
相場戦略研究所
性別:
非公開

P R