忍者ブログ

年金相場師の独り言 sobablogs

正心調息法を拠所にする年金相場師の日常

原油の余剰によりタンカー株が暴騰

 

420日のWTI原油先物市場の期近5月限は安値1バレル=マイナス40.32ドル、終値fマイナス37.63ドルであった。まさに余り物に値なし。。

原油先物市場でのマイナス価格は初めてのことである。

 

NY原油先物の受け渡し場所であるオクラホマ州クッシング地区の原油在庫は、

228日時点の3,720万バレルに対して、

直近の410日時点では5,500万バレルまで急増している。

 

このままだと貯蔵能力の限界を迎えるのは時間の問題だから、原油を買っている人は、値にかまわず売却したいと思うのは当然である。

 

シェールオイル生産の中心であるテキサス州のスポット市場では、

2ドルや4ドルといった完全なコスト割れの売買価格の提示が行われている。

 

原油というものは生産を完全に停止できないため、いくらでも良いから原油在庫を手放したいとのニーズが強くなっているのである。

 

 トランプ米大統領は戦略備蓄を7500万バレル積み増す方針を表明。

サウジアラビアからの原油輸入停止の可能性にも言及し、なんとか原油価格の下支えをしようとしている。

 

 加えて米国エネルギー省は、民間に対し約7700万バレル相当の保管場所の一部貸し出しを検討しているが、米国の原油在庫の増加ペースは、週1000万~2000万バレルと急増している。

政府が持つ保管場所にも限界があり、米戦略国際問題研究所は

「控えめに見積もっても、7月中旬には米国内では原油の貯蔵場所がなくなる」と指摘している。

 

 英調査会社IHSマークイットによれば、

3月下旬時点で世界の石油貯蔵の余力は16億バレル程度だが、需要減少で、世界の原油余剰は今年前半で18億バレルに達すると試算しており、保管スペースの確保は世界的な問題になっている。

 

こうした中、今日の我が国の株式市場ではタンカーを保有する海運株が暴騰した。

明治海運9115、共栄タンカー9130がストップ高の比例配分。

 

武漢ウイルスの感染拡大で原油需要が急減、原油在庫の増加により、原油の保管スペース・備蓄場所としてタンカーが利用されることで、世界の稼働タンカーが減少することにより、タンカー市況が上昇する との思惑買いが集まったようだ。

 

 主要産油国は今月、協調減産で合意したばかりだが、さらなる減産が必至となりそうだ。

プーチンのロシアは大ピンチだね。

ロシアが不法占拠している北方4島を買い取ってやるチャンスぢゃないかな(笑)

 

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

忍者カウンター

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
相場戦略研究所
性別:
非公開

P R